2013年06月22日

ゼロからトースターを作ってみた

 最近読んでおもしろかった本です。
103731.jpg

「やぁ。僕の名前はとーマス・トウェイツ。この度、僕はトースターを作ったんだ。時間にして9カ月、移動距離にして3060キロ、そして金額にして1187.54ポンド(約15万円)をかけて。」
(ゼロからトースターを作ってみた:まえがき)


 原題はThe Toaster Project タイトル通りイギリスの学生が、一人で、原材料からトースターを作るプロジェクトの記録です。

 何しろ、金属材料は採掘から始めるので、非常に困難で気の遠くなる話ですが、、身近に実践できる科学的手段の解説や文明や環境問題に対する考えについて、適度なユーモアを交つつテンポ良く進むので、面白く読めました。

 この本の何に惹かれたかと言うと、自分一人では安物家電一つ作れないという現実に本気で立ち向かったというところです。

 生活が便利になって、安価に物が手に入る。そんな製品であっても多くの部品から構成されています。技術の累積的進歩の結果です。しかし、そんな先人の偉業に対し、自分の貢献はゼロであることに空しさを感じることがあります。しかして、そんな部品一つ一つに思いをはせて、いちいちゼロから自作しようなどと考えたら、たちまち病んでしまうでしょう。実際にそんな空想をして、すぐに考えるのをやめたことは誰でもあると思います。

 だから、これに向き合って、やり遂げた筆者はすごい。

 手段は、はっきり言って荒っぽいし(電子レンジで金属を溶かしたり)、後半は大胆な拡大解釈のもとに若干妥協するのだけれど、確実に僕が考える、個人でできることとできないことの枠を広げてくれたし、自分と無関係にどんどん先に行ってしまいそうな技術の累積的進歩に正面から逆らいに行くような感じがして、痛快な本でした。


 その完成品のデモンストレーションの動画

はたしてプロジェクトは成功したのか?

 筆者のブログ
http://www.thomasthwaites.com/
他にも何やらいろいろやってます。 



ゼロからトースターを作ってみた [単行本] / トーマス・トウェイツ (著); 村井理子 (翻訳); 飛鳥新社 (刊)
まえがき
第1章 解体
第2章 鉄
第3章 マイカ
第4章 プラスチック
第5章 銅
第6章 ニッケル
第7章 組み立て
エピローグ 「ハロージャパン」


posted by eatsoba at 08:11| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

PAGE CLIP

我々はEvernoteのカメラで本のページの写真を撮るとき、
私たちは、どのページを開いておく必要があります。

このケースでは、私は、ページクリップ、折り曲げた紙クリップで作られたツールを使用します。

私はあなたのEvernoteのスマートノートブックを使用する場合は特に、それを推薦。

写真 13-03-24 18 05 32.jpg




写真 13-03-24 18 08 50.jpg
あまりにも悪い...



写真 13-03-24 18 04 43.jpg
とても良い!


・・・などとgoogl翻訳風の文章になってしましましたが、
その理由は最初に英語で書いてそれをgoogle翻訳したからです。

なぜ英語で書かなければならなかったかと言うと、上のクリップをモレスキンのアメリカ版HPのハックのコーナーで紹介したためです。

何やらモレスキンに改造を施したり、様々な工夫が見られて面白いです。
中には、ペンをクリップに挟んだだけのものを紹介するといった。
あまりにも雑な男らしいハックもあります。


そこで僕もモレスキンを広げた状態をキープする為のクリップを紹介してみました。

Evernoteのスマートノートブックはスマホのカメラで撮ってなんぼなのですが、
スマホのカメラは片手で持ってもう片方の手でタップして、ピントや露光やシャッター等の操作をしたいので、片手でページを押さえにくいのです。
そこで、ペーパークリップを曲げたものをモレスキンの背中に差し込んで、両ページと背中をクリップで挟むようにホールドすることで、ページを開いた状態でキープできるようにしました。
写真 13-03-24 18 10 28.jpg


写真 13-03-24 18 07 16.jpg
クリップはこんな風に曲げます。
ペンチを使って頭を潰すように曲げるとキレイにできます。
めんどくさければ、手で適当に曲げてもいいです。
写真のような形状にすれば、ノートの使用状態の序盤、中盤、終盤に対応できます。
いい感じの曲げ方を探ってみてください。


写真 13-03-24 18 11 12.jpg
使わないときは、後ろのポケットに収納できます。
収納した状態でノートの書き味を損なわないために、出来るだけペチャンコに曲げておくのがポイントです。





posted by eatsoba at 00:37| Comment(0) | モレスキン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

Evernote スマートノートブックを買ってみました。


Evernote スマートノートブックとは、要はモレスキンとEvernoteがコラボしたノートブックです。
71701_481672401895499_98614578_n.jpg
ちょっとお高いです。

横罫線タイプのハードカバーで、特徴としてはこのサイトで紹介してますが、ざっくりと言うと、

@スマートフォンアプリのカメラでノートを撮ると自動で歪み・コントラスト・枠組みを補正して、Evernoteに放り込んでくれる。

A付属の6種類ステッカーを貼ることで、自動的にタグの分類をしてくれる。

ということです。
おまけとして、Evernote有料版の3カ月お試しが付いてきます。

別に普通のノートでも、アプリのカメラで撮って、後からPCかスマホでタグを振っても、歪みとかが気にならなければ、特に違いはありません。
僕は今までそうしてました。


Evernote スマートノートブック
スナップショット_1.jpg


普通の横罫モレスキン
スナップショット_1 (1).jpg


さて、ノートブック愛好家はこれまで、デジタルとアナログのいい面を使い分けてきました。

Evernoteスマートノートブックはアナログからデジタルへの同期をスマートに行うものとして、それらの中庸としての役割となるのでしょうか。

今までは確かに、手帳の内容をカメラで撮って、タグ付けしてEvernoteで管理してたこともありましたが、
単なるメモの類をなんでもかんでもテキストデータでなく画像データで保存したいとは思いませんでしたし、
まとめるつもりの文章なら、手帳を元にテキストで書き起こしてました。


しかし、こいつのストレスの少ないアナログからデジタルへの同期によって僕の中の取捨選択の基準がこれから変わるかもしれません。

とりあえず使ってみようと思います。











posted by eatsoba at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。