2012年12月30日

「優雅なハリネズミ」小説の中の文房具

タイトルに惹かれて、買って読みました。
優雅なハリネズミ

フランスで口コミ見よって広まって、ロングセラーになった作品のようです。


この本の主人公は2人の個性的な女性です。

1人は壮年の高級アパルトマンの管理人の未亡人です。
彼女は相当な本好きの独学者であり、芸術に関する考察も鋭い、頭のいい人なのですが、
「一般的な管理人」を頑なに演じるあまり、他人と距離を置いています。

労働者階級の枠をはみ出すことをことを恐れているからです。

この話は、現代のフランスが舞台ですが、今でもこんな考えが残っているのは少し驚きです。


もう一人の主人公は、アパルトマンの住人で、13歳の少女です。彼女もとても頭がよく、そしてその知性を隠しています。
さらに、ブルジョア階級の家族を俗物のように思っており、自分の行く末に絶望し自殺しようと思い立ちます。

物語は、この二人の手記により、交互に進行していきます。
手帳に書き込んだライフログのように、日々の出来事、発見、興味のある対象についての感受性豊かな考察が記されているのです。

また、この二人の他の共通点は、大の日本びいきであることです。

ですから、二人の手記には、小津安二郎の映画「宗形姉妹」や、芭蕉の俳句、苔寺、谷口ジローの漫画、などの引用や考察が書かれています。

どれもはっきり言ってマイナーなものばかりで、それぞれがグッとくる箇所も非常にピンポイントです。


そういえばフランス人が日本文化を考察する有名な本って多いですよね。

「菊と刀」
菊と刀 (講談社学術文庫) [文庫] / ルース・ベネディクト (著); 長谷川 松治 (翻訳); 講談社 (刊)

「表徴の帝国」
表徴の帝国 (ちくま学芸文庫) [文庫] / ロラン バルト (著); Roland Barthes (原著); 宗 左近 (翻訳); 筑摩書房 (刊)

最近は
「菊とポケモン」
菊とポケモン―グローバル化する日本の文化力 [単行本] / アン アリスン (著); Anne Allison (原著); 実川 元子 (翻訳); 新潮社 (刊)
なんていうのもありました。


そんな悩みを抱えた二人が、ある日、越してきた日本人紳士、オヅさんに出会って大いに影響されるという話です。


さて、この小説は、2人の手記として書かれているので、第三者視点の説明というものがありません。
なので登場人物のキャラクター像は、その動作によってわかることが多いです。
つまり何が好き、何を使っているというのが重要になります。


例えば、オヅさんが、モレスキンを開いて、少女のことばを書き込んでいいか尋ねるという場面があります。

少女が相手でも態度を変えない、几帳面さが表れているように思います。


一方、管理人であるマダム・ミシェルの管理人部屋においてあるボールペンはビッグのオレンジ色です。
マダム・ミシェルは管理人室のテレビをわざとつけっぱなしにして、いつもそこにいると見せかけ、
こっそり、奥の部屋で読書をする生活をしているのですが、このボールペンのベタなチョイスも、皆が思う管理人像を演じているという演出に一役買っている感がしました。


posted by eatsoba at 00:08| Comment(0) | モレスキン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

牛丼リテラシー

先日、お昼を「すき家」で食べていて、勘定を済ませようとしたときのこと。

隣の50代サラリーマン風のおっさんが「牛あいがけカレーと、サラダ」を注文して、しばらく機嫌良く食べていたのですが、
程なくして、別の客の「牛あいがけカレーサラダセット」が運ばれて来た時、おっさんの態度が変わりました。

「俺のは味噌汁がないじゃないか。」と言うのです。

店員はレシートを確認して、
「カレーに味噌汁が付くのはセットでして…でも、値段は同じですので、お持ちいたします。」

確かにどちらもプラス100円で、セットには味噌汁が付きますが、値段に変わりはありません。

味噌汁がついてないことが店員のミスではない事がわかった、おっさんが次に発した言葉は、
「なめとんか!」

店員困ります。とりあえず、謝罪するしかやりようを見つけられません。

「なめとんか言うとんねん!」
味噌汁すぐお持ちします。と言われても、
「もうええ!気分悪いわ!」
おっさんの機嫌が治りません。


まぁセットと単品の関係も微妙にややこしいですし、
「牛丼」にサラダを単品で頼んだのなら、店員も一応セットを勧めたんでしょうけど、
カレーですからね。味噌汁いらないって人も少なくは無いでしょう。
それが分かれば、気のいい人なら、
「あぁメニュー見れば良かったな、味噌汁出してくれるならいいか」と思うところなのですが、


おっさんはきっと、何か不手際があれば、それを指摘するのが好きな人なのでしょう。
自分が客の立場になれば、店側がミスをするのを望んでいたりするのです。
「注文した物の品数が足りない」なんて、もう全トッピングカレーより大好物だったのでしょう。

しかし、最初のクレームが「店員のミスではない」と判明したことで、

おっさんは大好物を取り上げられてしまったのです。

だから恐らくそれ程までに腹がたったのでしょう。


メニューを読むのを省いたくらいで、こんな所で恥をかくなんて理不尽だ!
こんな事態を回避するために店員は一言言うべきだ!
おっさんは会社では偉い人のようなので、こんなことも思ったかもしれません。



これとは関係あるかは分かりませんが、世間には極希に肩書きをまるで身分と勘違いしている人もいるようです。


まぁこんなことがあったんですが、何が悪いかっていうと
何より、「メニューをちゃんと読んでない」ことが一番の問題です。

飲食店では、基本的にメニューに載ってるものの範囲で、注文するのがルールだからです。
飲食店では、禁煙だの、電話禁止だの、アブラカラメマシマシだの、それぞれのルールがあって、それぞれの空間を支配しているのです。そしてそれらはどこかしらに明記されているはずです。

法律だって何だってそうですが、ルールは知らないでは済ませられません。
(酒飲んで運転したらいけないなんて知らなかった!って言っても言い訳にならないですよね。)



とは言え、最近は至る所に、牛丼チェーンが増え、それぞれのやり方が微妙に違っているため、ややこしいのも事実です。
普段「松屋」ばっかり行ってて「すき家」のシステムに戸惑うのも仕方ありません。
先のケースで言えば、「松屋」はカレーだろうと牛丼だろうと必ず味噌汁が付いてくるので、おっさんのような状況にはなり得なかったのです。

思うにおっさんはこういった牛丼チェーンのシステムの差異に係るリテラシーが欠如していたのかもしれません。

そうすると、僕たちは、おっさんを反面教師にして、意識をすることでそれぞれのシステムの変化を柔軟に感じ取らなければなりません。


以下、僕の思う各牛丼チェーンの特徴と留意点を述べます。
なお、僕は、牛丼屋にいったら牛丼しか食わないので、うまトマハンバーグ定食?とかそういうメニューの広がりは知りません。



すき家
http://www.sukiya.jp/menu/in/gyudon/

牛丼並280円

昔からチーズや、ネギ玉等、トッピングを推している。
また、ミニからメガまで、サイズが柔軟に選べるのが特徴。中盛りの丼は変な形。
店舗によりますが、牛丼キング(メガの2倍)というモンスターもあります。
dd6ce50b.jpg
僕も三回くらいチャレンジしました。キツイけどこれで1000円はお得。

チーズ牛丼に、三種のきのこトッピングを追加してリゾットみたいにすることもできます。
ちなみに各トッピングは単品で注文できますが、チーズだけ単品で注文できないので、チーズ牛丼として注文することを要します。どうでもいいですが。


吉野家
http://www.yoshinoya.com/menu/index.html

牛丼並380円

牛丼の値段が他の店より、100円くらい高いことに留意。
廉価版の牛鍋丼は並280円

最近は、すき家っぽいトッピングもできます。
ちなみに、すき家のネギ玉牛丼は少し辛いですが、吉野家のネギ玉は多めのネギと卵だけなので、辛いのが嫌な僕はこっちが好きです。


松屋
http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/list/

牛めし並280円
昔から、メニューが多かった。
牛めしの値段は、以前は並が250円と、断トツで安かった。これで味噌汁も付くのだから、お得すぎて若干引いていました。
松屋は券売機制であることに留意。
券売機は合理的なようで、実は混雑時に券売機の前で行列が出来てしまうリスクがあります。
悩むのなら、後ろの人に順番を譲ることもアリです。

なか卯
http://www.nakau.co.jp/menu/cgi-bin/check.cgi?area=don

牛丼並290円

卵とうどん推し。
カツ丼や親子丼も、あと、うどんの新メニューを定期的にやっている。

なか卯も券売機制だが、松屋より、注文を決めるのが若干難しい印象があることに留意。
(メニューが多く、ボタンをいい感じに配置するのが難しいと考えられる。)
各丼と各サイズのうどんとのセットの選択肢が多いので悩みがち。












posted by eatsoba at 01:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。