2013年06月22日

ゼロからトースターを作ってみた

 最近読んでおもしろかった本です。
103731.jpg

「やぁ。僕の名前はとーマス・トウェイツ。この度、僕はトースターを作ったんだ。時間にして9カ月、移動距離にして3060キロ、そして金額にして1187.54ポンド(約15万円)をかけて。」
(ゼロからトースターを作ってみた:まえがき)


 原題はThe Toaster Project タイトル通りイギリスの学生が、一人で、原材料からトースターを作るプロジェクトの記録です。

 何しろ、金属材料は採掘から始めるので、非常に困難で気の遠くなる話ですが、、身近に実践できる科学的手段の解説や文明や環境問題に対する考えについて、適度なユーモアを交つつテンポ良く進むので、面白く読めました。

 この本の何に惹かれたかと言うと、自分一人では安物家電一つ作れないという現実に本気で立ち向かったというところです。

 生活が便利になって、安価に物が手に入る。そんな製品であっても多くの部品から構成されています。技術の累積的進歩の結果です。しかし、そんな先人の偉業に対し、自分の貢献はゼロであることに空しさを感じることがあります。しかして、そんな部品一つ一つに思いをはせて、いちいちゼロから自作しようなどと考えたら、たちまち病んでしまうでしょう。実際にそんな空想をして、すぐに考えるのをやめたことは誰でもあると思います。

 だから、これに向き合って、やり遂げた筆者はすごい。

 手段は、はっきり言って荒っぽいし(電子レンジで金属を溶かしたり)、後半は大胆な拡大解釈のもとに若干妥協するのだけれど、確実に僕が考える、個人でできることとできないことの枠を広げてくれたし、自分と無関係にどんどん先に行ってしまいそうな技術の累積的進歩に正面から逆らいに行くような感じがして、痛快な本でした。


 その完成品のデモンストレーションの動画

はたしてプロジェクトは成功したのか?

 筆者のブログ
http://www.thomasthwaites.com/
他にも何やらいろいろやってます。 



ゼロからトースターを作ってみた [単行本] / トーマス・トウェイツ (著); 村井理子 (翻訳); 飛鳥新社 (刊)
まえがき
第1章 解体
第2章 鉄
第3章 マイカ
第4章 プラスチック
第5章 銅
第6章 ニッケル
第7章 組み立て
エピローグ 「ハロージャパン」


posted by eatsoba at 08:11| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

僕の読書法



最近意識して本を多く読むようになりました。

読書の為の本なんかも読みまして、以下はそうやって行き着いた僕の読書法です。




まず僕は読書の為のノートブックをわざわざ作りません。

読書ノート的なものはその本の余白に書き込みます。



読書ノートの意味

読書は大きく分けて、趣味の為の小説なんかを読む読書と、
目的があって知識を得ようとする、ビジネス書なんかの読書があります。
知的消費に対して知的生産なんて言ったりしますが、読書ハックだのレバレッジ読書だの言うのは後者の読書についてです。
そういった本では、隅から隅まで読むより、読書の前にまず目的があって、そのための情報として欲しい部分を知得するための効率的な方法が書かれています。

そのための手段として、線を引いたり、余白にメモを書き込んだり、ページの端を折ったり、付箋を貼ったりするのです。
そして最後にそれら大事な部分をまとめたノートを作るのです。
そうすることで、本の内容を即時出力可能な状態にして、何を知得したかを明らかにして当初の目的を果たします。

僕はこれを実践してたんですが、
ここで、アンダーラインやメモはその本に書き込むとして、読書ノートについてそれ専用ノートをわざわざ作る意味があまりないと感じました。


そこで本の余白に、理解のかたちや参考文献の所在をメモとして、
大事な個所を抽出したものとそれらを相関させたまとめを読書ノートとして、
全部本の余白に書き込むことにしました。
これで即時出力可能な状態になったと言えます。
さらに読みおわったら、ブクログでレビューを書くことで概要のアウトプットと読書記録とします。


メモを書き込みまくった本を開けば、すぐに自分がどこを重要視したか、どう理解したかが一目で分ります。
即時出力可能な情報となったその本を本棚に収納し並べ替えることで知得していった情報の整理ができます。



表紙
写真 12-02-03 20 38 00.jpg
手に取った瞬間にこの本で何を学んだのが分るのが理想的です。
て言うかそもそも、一番大事なことは一番表紙に書くべきなのです。
本の表紙は字が書きやすい、余白の多いデザインであるべきです。
帯の下なんんかは大抵余白です。最大限利用しましょう。


その点「僕は君たちに武器を配りたい」の装丁は最高でしたね。
写真 12-02-04 19 13 59.jpg
あらかじめ、内容の要旨がが表紙に書いてあるからです。



1ページめくらいの色のついた余白
写真 12-02-02 23 59 04.jpg
大抵の本には最初の1〜2ページ目くらいは色紙を使った余白になってます。
「〜に捧ぐ」などどうでもいい情報が書かれている部分です。
ここは最大の余白ですので読書ノートのメインにしましょう。
読みながらビビッときた個所を抽出していき、マインドマップ風に相関させると、まとめになってきます。
ページも書き込んでおくとオリジナルの目次となって、モアベターです。



目次
写真 12-02-02 23 59 19.jpg
目次もまた、いろいろ書き込めるスペースです。
各章の理解の形、概要を書き込んでおくと次見返す時非常に楽です。




欄外
写真 12-02-02 23 59 51.jpg
ビビッときた個所にはアンダーラインを引きます。
また、そこを読んでどう理解したかを、噛み砕いたメモとして残すとアウトプットの段階で楽です。


僕がこういった欄外に書き込むものとしては、

要約
(書いてあることの理解を簡単な図で表す。)
必印
(アンダーラインを引いた必読個所を協調させるための*印)
リンク
(参考文献をの所在を書き込んだメモ)
感情移入
(そこを読んで感じた印象を残したログ)
ドッグイヤー
(ビビッときたページの端を折る)
があります。
別にこんなのはアンダーラインの派生でどうでもいいんですが、僕はこれがやりやすくてこうしてるだけの事です。
「教科書的な使い方」に慣れているためかもしれません。



例えばこんな感じです。
名称未設定-2.jpg
画像は「ウケる技術」の異性にウケるメールの仕方みたいな部分ですが、
なんか思い入れが強かったんでしょうね。
大抵僕は本に感情移入すると、wooooooooとか、coooooolとかyoutubeの外国人コメントみたいな適当なリアクションを残しています。



写真-11-12-19-23-08-33.jpg
いちいち要約しておくと、あとから読み返す時が楽です。


ドックイヤーってわざわざいい感じに言い換えてますが、
僕は付箋がきらいなので、地味に有効ですね。



ここで付箋やアンダーラインは、大事なことを強調させるためにするものです。


要はそのページを強く印象づければいいのです。
付箋がなくて、他のページと差別化したけりゃ破けばいいんです。





そこで感情に残る究極ドックイヤーがあります。





写真 12-01-05 19 52 18.jpg
燃やしてしまうのです。




これで忘れられないでしょう。
インパクトはバッチリですね!





目的があれば、やり方は自由なのです。






posted by eatsoba at 21:49| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

知的生産の技術×モレスキンとEvernote

41Q9KKMZYAL._SL500_AA300_.jpg

知的生産の技術 (岩波新書)著者: 梅棹 忠夫


40年以上前の本ですが、ノートブック・手帳に関しての考察やログのとり方について普遍的な教科書のようでした。

今盛んに語られている、生産性を上げるためのインプット・アウトプットの関係。
手帳術。情報整理術。読書術。これらのクラシックが記載されています。

パソコンなんかない時代の本ですが、これを読んで、ユビキタスキャプチャーだのブレインストーミングだのエバーノートのタグ付けだの、そういった耳に新しいものは実はむしろ普遍的なものからの派生であると気づきました。


ここで、この本での知的生産とは、「頭を働かせて新しい事柄を人にわかるかたちで提出すること」です。
さらに具体的にいえば、「既存、新規の様々な情報をもとにしてそれぞれの人間の知的情報処理能力を作用させて、そこに新しい情報を作り出す作業」です。
これはパソコンのない時代の言葉ですが、現代でも変わらない事だと思います。
さらにこれからも変わらないであろうと思います。ネットやコンピューターが人間に取って代わる部分もきっとあるであろう未来において、大切なことなんじゃないかと思います。



さて、本のなかでは「手帳」「ノート」「読書」「日記」等を考察しています。

これらはライフログに関連するところで一層興味深く読めました。


筆者はダ・ヴィンチに啓蒙されて、なんでもかんでも手帳に記録する習慣をつけました。
本では「発見の手帳」と呼んでいます。その用途は
「面白いと思ったことの記述。」
「自分の着想の記録。」
です。つまりライフログとアイデアですね。


そこで、どんな構造の手帳が優れているかの考察があります。

@携帯性に優れること。本書では文庫本より小さいサイズに落ち着いたとあります。

A表紙が固い素材であること。立ったまま、左手で支えて書きとめるためです。

B製本がしっかりしていること。長期にわたって持ち歩くためです。

C中の紙は日付等の余計な印刷がないこと。罫線だけあれはいいということです。



要は、タフでシンプルなやつがいいということですね。全く同意です。

外面が共通するとはこのことでしょう。
僕も同じ理由で手帳はモレスキンポケットプレーンです。




ここで、こんなにこだわりを述べた挙句、著者は最終的に手帳を使うのをやめてしまいます。

手帳にはページが固定されていて、書いた内容の整理が困難であるという欠点のためです。


そこで著者は情報をカードで整理する手段をとり、最終的にはカードそのものを携帯するようになります。



なるほど!とも思いますが。


現代に生きる僕らには、もっと便利なものがありますよね。


Evernoteです。


スマートフォンに専用のカメラアプりを入れていけば、シャッター押すだけで手帳の内容をあんまり大きくないデータサイズでオートマティックに、タグ付きでEvernoteに放り込むことができます。
タグの変更による再整理は後でやればいいので、かなり楽です。


それ専用の手帳もあったりしますが、べつに覚書のようなものにそんなに気を使うことはないと思います。


結局シンプルなものが、一番ストレスなく継続できるのです。




知的生産の技術 (岩波新書) [新書] / 梅棹 忠夫 (著); 岩波書店 (刊)






posted by eatsoba at 01:40| Comment(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。